経営者(代表者・社長)の個人破産の申立後は働いてもいいのですか?

はい、もちろん可能です。会社のみの破産の場合でも、代表者が個人破産した場合であっても、働いてはいけないという制限はまったくありません。会社に勤務したり、アルバイトをしたり、個人事業主として働いたり、別会社を設立したりするのが通常です。
詳しくは、「管財人面接から債権者集会まで約3ヶ月ありますが、代表者(社長)は働いてはいけないなどの制限はありますか?」をご参考ください。

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!
ご安心ください!弁護士のサポートで再出発を!
破産に関するご相談は24時間受付 会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 会社の破産手続き終了後のお客様の声 会社破産のよくある質問66 タキオン法律事務所の採用情報
会社破産の無料法律相談 0120-8383-97 メールで連絡する