「非免責債権」とは何ですか?

以下の債権は、「非免責債権」と言って、個人の自己破産手続きによっても免責はされません。
※これらのうち、最も多いのは「(1)租税等の請求権(つまり滞納税など)」です。固定資産税、住民税、軽自動車税、国民健康保険税などの税金を滞納している場合、これら滞納税については自己破産しても免責されません。
ただ、例えば住民税を滞納している場合、督促状や滞納通知を送付してきた市役所や区役所の担当部署に事情を説明すると、多くの場合は分割払いに応じてくれます。

非免責債権

自己破産・会社倒産・会社破産に強い弁護士のサポートで再出発を!
ご安心ください!弁護士のサポートで再出発を!
破産に関するご相談は24時間受付 会社破産の解決事例 ある会社の自己破産ストーリー 会社の破産手続き終了後のお客様の声 会社破産のよくある質問66 タキオン法律事務所の採用情報
会社破産の無料法律相談 0120-8383-97 メールで連絡する