会社破産.com

  • 会社破産の手続きで経営者の再出発を支えます
会社破産の手続きで…
会社の借金が0円に!

会社破産、こんな場合どうする

  • すぐに破産申立が必要?

債権者や従業員が多かったり仕掛かり工事があるような場合は数日以内に破産申立をする必要があります。
また、費用が全くない場合は費用の積立に数ヶ月かかってから破産申立をすることもあります。
初期対応を間違うと後々混乱して大変ですので、早急に弁護士にご相談頂くことをお勧めします。

  • 税務署に差し押さえをされた

税務署や年金事務所から会社資産の差押え(滞納処分)がされた場合、残念ながらどうすることもできません。
口座が差し押させられた場合は今後の売掛金などの入金口座を変更することでひとまず対応することはできますが、それも急場凌ぎにすぎません。
早急に弁護士にご相談頂くことをお勧めします。

  • 個人破産をした経営者のその後は?

個人破産をした経営者の方は、就職やアルバイトをされる方、新しい会社を設立される方、年金だけで生活をしていく方など様々です。
そして、破産手続開始決定日以降の給料・報酬・年金などの収入については本人の自由になります。
また、配偶者(妻/夫)と離婚するメリットは何もありませんので慌てて離婚をしないようにしてください。

解決事例のご紹介

タキオン法律事務所が選ばれる3つの理由

多数の解決実績・親身な対応・2時間の無料法律相談

手続きの流れ

  • 直ちに介入通知を発送します!
    タオキンに自己破産を委任(依頼)
  • 取り立てが止まります
    債権者に介入通知(受任通知)発送
  • 弁護士のみが裁判所に行きます
    東京地裁に破産申立
  • 叱られたりしません
    破産管財人との面接
  • 最後の手続きです
    債務者集会

ピックアップ

マップ

大きな地図で見る